シャンパーニュ好きの皆さんへ

M’s Salon de Champagne ロゴ

*

HOME >> シャンパーニュあれこれ >> カテゴリー

ブログ1:シャンパーニュの食卓

ブログ2:マニアック・シャンパーニュ

ブログ2:シャンパーニュ販売

ブログ3:シャンパーニュ・バー・ポンポンヌ

カテゴリー

シャンパーニュは次のようなカテゴリーに分けられます。

いろいろなシャンパーニュ

〔ノンヴィンテージ・シャンパーニュ Non Vintage Champagne〕

複数年のワインをアサンブラージュ(ブレンド)して造られる。各メゾンのスタイルが最もよく表現されたスタンダード・シャンパーニュ。

毎年の天候が異なる中、同じ味わいに仕上げるアサンブラージュ作業は大変に難しい。

 

〔ブラン・ド・ブラン Blanc de Blancs〕

白ブドウのシャルドネだけで造られたシャンパーニュ。

白ブドウの酸味が生かされたすっきりとした味わい。

 

〔ブラン・ド・ノワール  Blanc de Noirs〕

黒ブドウのピノ・ノワールとムニエ、またはどちらか1種類だけで造られたシャンパーニュ。黒ブドウの果実味が生かされたコクのある味わい。

 

〔ヴィンテージ・シャンパーニュ  Vintage Champagne〕

一般的に作柄が良く、良質のブドウが多く収穫できた年に、その年のブドウのみで造られるシャンパーニュ。エチケットにはヴィンテージ(収穫年)が記載される。

 

〔ロゼ・シャンパーニュ  Rose Champagne〕

赤ワインを2割程度混ぜて色を出す方法(アサンブラージュ方式)と、黒ブドウの圧搾の仕方を強めてロゼ色の果汁を搾る方法(マセラシオン方式)がある。良質の黒ブドウが必要で、ロゼ色を保つ作業も困難であるため、価格は高め。

 

〔プレステージ・シャンパーニュ  Prestige Champagne〕

各メゾンが威信をかけて造り上げる最高級ブランド。そのほとんどがグランクリュ畑のブドウから造られ、プレステージ・シャンパーニュごとに固有の名前がつけられている。

 

<プレステージ・シャンパーニュ>

モエ・テ・シャンドン  →  ドン・ペリニヨン Dom Perignon

ポメリー        →  ルイーズ・ポメリー Louis Pommery

ヴーヴ・クリコ     →  ラ・グラン・ダム  La Grande Dame

シャンパーニュの甘辛度

最後の品質調整で行われるドザージュ(加糖)の量によって、シャンパーニュの甘辛度が分類され、エチケットに記載されます。

残糖分g/1ℓ
ブリュット Brut 0~12
エクストラ・ドライ Extra Dry 12~17
セック Sec 17~32
ドゥミ・セック Demi Sec 32~50
ドゥー Doux 50以上

※最も流通しているのは辛口の「ブリュット Brut」です
※ブリュットの内0~6gまでを「エクストラ・ブリュット Extra Brut」
 3g以下をブリュット・ナチュール、パ・ドゼ、ドザージュ・ゼロと記載することもあります。

 

 

シャンパーニュ地方のワイン

シャンパーニュ地方ではシャンパーニュの他に、次のような発泡しないワインも造られています。一般的に酸味のしっかりとした、シャープな味わいのワインです。

 

〔コトー・シャンプノワ  Coteaux Champenois〕

シャルドネ、ピノ・ノワール、ピノ・ムニエの3種類をアサンブラージュ(ブレンド)、または、そのいずれかを単独で用いたシャンパーニュ地方のワイン。赤、白、ロゼがある。

 

〔ロゼ・デ・リセ Rose des Liceys〕

シャンパーニュ地方最南端のオーブ県リセ村において、ピノ・ノワールのみを使用して造られるロゼワイン。コトー・シャンプノワのロゼとは区別してロゼ・デ・リセと呼ぶ。